読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

判子総見

使い途が見えない消しゴムハンコの数々

おまけ記事:まったく参考にならない「判子彫ろうぜ!」

半年に3回くらいという高頻度(当社比)で「あの判子はどうやって作ってるの?」とご質問をいただくことがあります。
そこで!普段どのような過程を経て主にタッツケの彼らの判子を作っているのかまとめてみました。自分の作業を客観視することにより、ウワーこの人って気色悪いわぁという自己評価が高くなったことを先に申し上げておきましょう。

1)「ネタ」選定
場所中や巡業などで撮影した画像の中からコーレーダー!というのを選びぬきます。(他の方から提供いただいた画像や他所様のコレッ!て画像の場合にはブログにアップする際になんとなく出典を書いておきます。)

[ちょっとこの人気持ち悪いな度合い:★★★★☆]

2)下描き
選んだ画像(実際はPCのモニタ)をじーーーっと見つめたあと、下描きをはじめます。
そのへんにある紙に2Bもしくは4Bの鉛筆でザザザっとやってみます。

▼開始15分くらい

f:id:satohanko:20151021221231j:plain
描いてみたところで、毎度毎度「だめだこりゃだめだ、せめて学生んときに美術部とか入っておけばよかった」と自分にうんざりして不貞寝もしくはYoutube巡回とかやっちまって、この日の作業は終わりです(早ッ)。

翌日以降「やればできる子」を合い言葉に続きの作業。

▼だいたいこんな感じです。できたことにします。
f:id:satohanko:20151021221251j:plain

[ちょっとこの人気持ち悪いな度合い:★★★★★]

3)トレペに描き写す
下描きの上にトレーシングペーパー(何故か学生時代に購入したものが残っているので十数年前の自分に感謝し、そいつを使用)をかけて、上から絵をなぞります。下描きを曖昧に誤魔化しておくと、まずここで失敗です。

▼なぞってるの図。右上のミーは紙がずれないように貼ってあるテープです。

f:id:satohanko:20151021222224j:plain

[ちょっとこの人モノモチいいな度合い:★★☆☆☆]

4)トレペのをゴム板に転写
下描きをなぞったトレーシングペーパーを、実際に彫る消しゴム判子の面にあわせ、昔あったそういうシールのように擦って擦ってゴムゴム板に絵の線をなすりつけます。
それなりに力をいれて擦るので、手がすべってズレることもままあります。

▼切れ端みたいですって?ええそうですよ。このスペースのやりくりですよ。

f:id:satohanko:20151021223251j:plain

[ちょっとこの人貧乏臭いな度合い:★☆]

5)いよいよ彫ります!
あまりにも余分な部分のゴムゴムを切り離し、彫る作業を開始します。
何回もの失敗を経て、彫ってはいけないところを塗りつぶしておくという小学生低学年程度の知恵がつきました。
使う道具は幅の細い彫刻刀とデザインカッターです。時折オノレの手も彫ります。

▼彫り始めて間もない頃。
f:id:satohanko:20151021223744j:plain
すぐに集中力をなくして、おやつ食べたりビール飲んだりしちゃうので彫る作業は2〜3日かけてだらだら続けます。

▼わかりにくい画像ですいませんが、だいぶ彫り進んだ頃。
f:id:satohanko:20151021224612j:plain

[ちょっとこの人気持ち悪いな度合い:★★★]
↑ヒトサマにお見せできない感じで彫ってますよ....

6)押印!!そして完成!!!
なんとなく彫れてきたかな〜ってとこで、ゴムゴム板についたこまかい削りカスをとって、押してみます。下描きどおりに作業をすすめているはずなのに、アレ?こんなんでしたっけ?ていうものが押せます(実力)。

▼押してみて気になるところに書き込んで見るの図
f:id:satohanko:20151021225207j:plain

判子にしてみたらいらないんじゃないかなという線や太すぎるんじゃないかなって線を削っては押し、削っては押しで「まあ〜〜こんなとこで勘弁勘弁」と作業におなかいっぱいになったら完成です!

[ちょっとこの人作業に飽きてきてないか度合い:★★★☆☆]

あとは何回か押してみてうまく押せたもの(下手なんスよ押すの)を2008年製のスキャナでとりこみ画像のリサイズやらなんやらしてワールドワイドウェッブに公開です。
こちらの判子はこの記事のひとつ新しい「呼出しシリーズ63」になります。

いかがでしたでしょうか。お楽しみいただけたでしょうか。一人机にむかってこんなことをしていてどうなんでしょうか。自分で自分が心配です。